群馬県高崎市の社会保険労務士事務所です。介護事業所支援(指定申請等)、助成金申請、就業規則、人事考課、労働基準監査署対応、メンタルヘルスなど幅広くサポートいたします。

マイナンバー対策

加藤労務コンサルティングの『マイナンバー制度』への対応について

安心してください!介護福祉事業所のマイナンバー対策は
弊所へのご依頼で万全です!!
お客様との4つのお約束
情報セキュリティ対策について
弊所は、お客様の個人情報管理の取扱いに関して、その重要性を重視しており、全国社会保険労務士会が行う個人情報保護制度(社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRP認証制度)を、平成24年より取得し情報管理の徹底を行って参りました。
また、事務所機器等へのセキュリティ対策に関しては、セコム㈱様の防犯システムを利用して、侵入、盗難等の物理的なリスクに対しての対策も行っており、お客様が安心して、当社サービスをご利用できるようセキュリティの強化に努めております。
取扱いへのリスク対応について
マイナンバーの管理上で最も危惧されるのは、情報漏えいや不正利用の問題です。対策を怠り漏えいや不正利用等の被害が発生した場合、企業イメージや信用の低下はもとより多額の損害賠償や、マイナンバー法による厳しい刑罰の対象となる場合もあります。
弊所が利用するクラウドシステムは、多数の金融機関や日本の最大手インターネットサービス関連事業者も導入しているシマンテック社のEV SSLサーバ証明書を用いて通信データの暗号化を行い、多重のファイアウォールを設置、さらに暗号化した状態でサーバへ保管することでお客様の大切なデータを守りすることが可能です。またシマンテック社のワンタイムパスワードによるマルチ認証システムにより、厳格なアクセス制御とアクセス者の識別・認証を行い技術的安全管理措置を講じております。※シマンテック社ハードウェアトークンを1個標準装備しています。
法令や関係情報の収集について
マイナンバー制度は、「社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会」を実現することを目的としています。こうした中で、企業が円滑に制度を導入できるよう支援することが、社会保険・労働保険の専門家である私たち「社会保険労務士」の使命であると考えております。しかしながら運用においては、その法律的解釈や備えるべき環境・ルール作りなど、複雑多岐にわたり、企業がその対応に苦慮している現状があります。
弊所は、こうした企業に対して適切なアドバイスや情報を伝えるため、全国で426事務所(2015年11月現在)の社会保険労務士、税理士、会計士の有志が一人一人の力とノウハウ・情報を結集して解決策を導きだすために加盟している 「一般社団法人マイナンバー推進協議会」に群馬県で初めて加盟し、 お客様に常に最新の情報と解決策を提供できる環境を構築しております。
業務における対応について
マイナンバーを取り扱う業務は、特定個人情報の取得・管理・利用・廃棄について、管理体制を構築して、ルールを決めて運用管理を行い、そしてその記録をしていくことです。これを紙ベースで保管する場合、情報漏えいや個人番号自体の喪失リスクが高く、また、履歴を残す手間と記録漏れの発生や、取扱担当者の継続教育や退職時の引き継ぎ等による記録漏れが発生することが懸念されます。弊所では、こうしたリスクを排除するため、電子証明書認証やSSL暗号化通信でセキュアな運用がしやすく、また、記録漏れ防止のための自動ログ(記録)機能を装備した毀損・紛失・漏えいリスが高い属人的な管理を必要としないクラウドシステムを導入しており、お客様に安全でスピーディなサービス提供を行うことが可能です。
連絡先:027-372-2056